医学部の受験は難関|苦手を克服することが大切

本当に効果的な勉強法

医者

志望大学に合格する

医学部の受験のハードルはとても高いです。有名大学に合格するよりも地方の国公立大学の医学部に入るほうが難しいでしょう。そしてその理由の一つとして試験問題の多さがあります。決して簡単ではない問題をかなり多く解くことになります。並大抵の能力では最後まで到達することは出来ません。各教科ごとの勉強法として基礎が大切になります。数学の場合は白チャートレベルの問題をまずは完璧にこなせるようにします。それから応用問題を解いていきます。解けない問題が1問も無い状態まで持っていくと良いでしょう。頭の回転の速さと正確性、そして記憶力が大切になります。それらの能力をしっかり身につけることで受験を乗り切ることが出来ます。まずはセンター試験で高得点を獲得する必要があります。医学部を受験する場合は少なくとも8割以上の点数は取って置かないと次へ進めません。苦手科目が一つでもあるとそれが足を引っ張ります。つまり苦手科目をなくすことがスタート地点です。何か一つでも得意科目があれば突破できる試験ではないということです。英語の場合も知らない単語をなくすことがスタート地点です。何か一つでも穴があるとそれが減点につながります。最上級レベルの参考書を全て理解すれば合格することは出来ます。しかし現役の高校生は時間がありません。何でもかんでも解いていると時間が無くなります。そこで取得選択が大切になります。自分に足りないものを効率よく理解していくことで医学部の受験は成功するのです。

比較サイトを活用

勉強する人

東京にはたくさんの医学部予備校が開校しています。その中から1つを選ぶのはとても大変ですが、比較サイトを活用してどんな予備校があるか情報を得てみましょう。そして各予備校が強調する特徴が、自分にニーズに合っているかしっかりチェックしましょう。

進路の選択肢を増やす

大学生

大学の一種である短大では2年間という短い期間で、深く専門的なスキルを身につけることができる。半分以上が学生が推薦入試で入学し、その他にはAO入試を受ける方も多い。就職後には即戦力になれる点が魅力的だ。

大学を迷っているなら

大学生

オープンキャンパスは大学の生の空気を味わえる貴重な機会です。大学について自分が知りたいことを行って直接調べることが出来ます。また、進学する大学を迷っている場合もオープンキャンパスで卒業生の就職先を調べることで大学選びの役に立つ情報を得る事が出来ます。